ズキズキ痛む親知らずを治療しに行ってきた!

近頃、右手下裏の親知らずが痛むので久しぶりに歯医者を今朝予約し、その日のうちに行ってきました。

携帯口のお姉さん、幼くて実に優しみたい!というムズムズという、2階層振りの歯医者という事で「再度定期的に来なさい!」って怒られるんじゃないかというドキンドキンの2つを胸に、いよいよ出発!!
こういう歯医者、民家の近所にあり、歩いて10取り分もかからない川沿いのクリニックなのですが、やけに上っ面って内側にこだわって要るオシャレな歯医者なんですよ。敢えて木造風に建築していて、中に入ると昭和レトロな荷物や、張り紙に埋め尽くされており、クレンジングも行き届いていて、もうそこは『昭和美術館』を名乗っていいほどだ。
「華麗ですな?院長様いい道楽してるな?」など考えながら、受け付けを終えるといった、アッという間に診療室に呼ばれました。
タバコは吸いますか?1日にハミガキは何回ほど行なうか?といった簡単な問診を終えるという、ようやく口の内を診てください。
因みに、ここで危惧していた情勢が…。
そうです、まだまだ怒られました笑
前回、歯医者に来たのはいつですか?のヒヤリングに、うつむきながら2階層前と応ずるって、経済的なこともあるので一概には言えませんが、なおさら歯医者にかかってくれ、という。せめて一年に2回は来て下さいと言われました。
なんでも、一年に二回ほどたっぷり定期検診を受ける結果、結局は口腔有様が調えられ、大事に至らない結果節約になるということです。名乗る通りですね。ってほほ…と、これからは一年に最低でも2回の定期検診を受けることを約束するといった、ついに口の内を診てください。
顎をますます開けているのが苦手なこちらはずっとドキドキしてしまいましたが、「これもズキンズキンと痛む親知らずにつきです!」という腹部をくくり、なるたけジッとしながら先生の診断収支を待ち受けました。
そうなると「あ?親知らずといった歯茎の周りに歯垢が溜まって、炎症を起こしていますね?。」とのこと。
口腔用の長くか細い手鏡を貸してもらい、口に突っ込んでみると真っ赤に腫れ上がり、歯茎からは血液が出ていました。
一心に磨いていたつもりでも、親知らずの身の回りはブラシが行き届かず、ボクのように炎症を起こす顧客は多いようです。
そうして、先生に雌で患部に切れ込みを入れてもらった帰路、薬を塗っていただき、ロビーに戻りました。この時も顎諤々でしたけどね笑
ロビーに戻ると、恐らく今朝ボクの携帯アフターサービスを通してくれたであろうお姉さん本人が抗生物体を出してくれ、給料を払い帰り道につきました。
やっと二日間抗生物体を呑み、ムードを見たいと思います。
皆さんも日頃のブラッシングでは、見えづらい部分までとことん磨いて下さい。そうして、やはり階層2回は検診に行くといった効くそうですよ! ボクみたいに歯茎がズキズキ痛まないようにご自愛くださいませ! 最近はおしゃれな歯医者も目立ちてるみたいですよ!!iPhone6に乗り換えたほうが後で苦労しない